必勝!バイナリー攻略白書

FXとバイナリーで生計を立てています。 攻略を目標とされている方必見です!

カテゴリ:経済 > マンキュー経済学

さて、マンキューの経済学十大原理の最後の原理になりました。 皆様、頭にインプットできましたか? 最後の原理をしっかり覚えてくださいね! インフレが起きると、それに連動して失業率が低下します。 インフレのこの効果は発生から1~2年の短期的なスパンに起きるもので ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

紙幣が政府によって過剰に供給されると、紙幣そのものの価値が下がり、結果的にモノの値段が上昇します(=インフレーション)。 インフレーションはたびたび起こっている インフレの定義は「持続的な物価上昇」です。 そのため程度の違いこそあれ、景気が良くなっている場 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ある国の国民の生活水準は、その人たちの「生産性」に大きく左右されます。 生産性とは言うまでもなく、1時間に1人が生産する財・サービス(価値)を指します。 これが高くなればなるほど、国民の生活水準も上昇します。 生産性が上昇すると生活水準も上昇するのと同様、 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

第5・6原理を見るとあたかも市場が万能かのように見えますが、全てを市場に任せきりにしていては経済は最適化できません。 前記事のアダム・スミスも、政府の市場への介入を批判しながらも、国防や司法行政、公共事業などは国の仕事であると言います。 これには「権利の保 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

今回は経済学の十大原理の第6原理でございます 十大原理も後半戦に入りましたので最初の原理を忘れないようにおさらいを忘れずに! アダム・スミスが『国富論』で書いた、市場はあたかもそこに「神の見えざる手」が存在するかのように自動的に最善の結果を導き出します。 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

「経済上の取引は関係者に対して相互の利益がある」と経済学は考えます。 交易によってそれぞれが得られるモノやサービスが多様化し、かつコストも大幅に低下するのです。 経済とはモノ・サービス・カネが、家計・国・企業の間を流れる現象であることから、そこにはこの ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

インセンティブは「誘因」と訳します。これは人が何か判断や選択をする時の要因を指します。 日常的な例をあげれば、消費税が上昇し、100円だったものが300円になると一気に高くなったような気がして、買う気がなくなったという場合です。 このときのインセンティブは ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

今回は経済学の十大理論の第3原理の解説となります。 経済学の大前提は、「人間は合理的である」です。 実際には合理的ではない場合もありますが、原則として合理的であると想定しているのです。 そのうえで成立する第3原理が限界原理というもの。 合理的な人たちは限界的 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

今回は経済学の十大理論の第2理論の解説となります。 放棄したものの価値を機会費用といいます。 例とするなら、ジュースを130円で購入する際、放棄したものの価値は130円だけではありません。 その日のお昼ご飯に食べるはずだったマクドナルドのチーズバーガー、それを食 ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

トレードオフとはある選択によって、それとは別の選択肢を失うことです。 私たちは自らの意思によって何を選び何を失うかを決定しています。 このトレードオフとの対峙が積み重なって、経済は大きく動いていくのです。 人生は基本的にトレードオフで成り立っています。   ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ