image

今週も皆様お疲れ様です。
さて、今日は週末という事で教養を皆様に付けてもらいたいと思い、お勉強になる記事を書きたいと思います。

経済学では「神の見えざる手」という言葉があります。
なんか、マンガとかに出てきそうなワードですよね。
アダム・スミスの『国富論』にある言葉で、経済を動かしている理論の事です。
この「見えざる手」について解説をしていきましょう。

電子タバコのアイコスってありますよね。
斬新で周りに煙で迷惑をかけなく、火事の心配も少ないという画期的なもので定価が9,000円くらいなのですが、人気がありすぎて手に入らないから、その値段はどんどんつり上がり、時にはメルカリやヤフオクなどで2万円以上で取引されたりすることがありました。

1.なぜそんなに値段が上がったのか?

それは言うまでもなく、売られている個数が少ないのに、ほしがっている人がすごく多かったからです。

たとえメーカーが「値段を釣り上げてやれ」なんて思わなくても、ほんの一握りのアイコスを買えた方は、

「15,000円、いや20,000円出すから売ってください!」
と交渉を持ち掛けられたりする方もいたのです。
そうすると定価がいくらだったとしても、取引される値段はどんどん上がります。

このプレミア価値の誕生でアイコスが成功したと確信し、フィリップモリスさんもたくさんアイコスを生産します。


2.モノが値下がりするとき

たくさん作られたアイコス。
しかしその後、逆に流行は終わってみんなが欲しがらなくなっていきます。

そうすると一時は数万円のプレミア価格を誇ったアイコスも、もっと安い値段じゃないと売れない。

たくさんモノがあるのに、欲しい人が少ないと値段は下がっていきます。。
そしたらどうなるのかというと、
5000円とか3000円で売られ始めてしまうのです。

定価で仕入れたお店は大赤字ですが、そうしないとゴミになるだけですから仕方がありません。
半値以下にしてまでも叩き売らないと店は火の車どころか潰れてしまいます。

そして、そんな風になってしまったら、もうメーカーもアイコスを作らなくなってしまいます。



3.最後には均衡を保ち始める。

この様に、モノやサービスの値段は、取引する人達の行動によって勝手に決まります。
(行動経済学のうちの一つです)

さらに作られるモノの量も、高い値段で取引されていれば自然に増え、安くしないと売れないなら生産量は減少します。

このように経済の世界では、自然にモノの値段や作られる量が調節されて、最後には必要なものが必要な分だけ作られるような性質があります。

これがまるで神様が調節しているようだというのが「神の見えざる手」ということでアダム・スミスは国富論でこれを提唱しました。


いかがでしたか?
本来は初心者投資道場の内容ですが、ご覧になられてる皆様にも知識、教養を少しでもつけてもらうことで経済学の世界を様々な角度から広く深く見れるようになっていただけたら私は嬉しいです。

こういった教養は投資をする上では絶対に無駄にはなりません。
もっと言えば買い物上手にもなれます!
皆様が投資の体質を築き、インジケーターと共に相場で輝くトレーダーになれるように私は精一杯のご支援をいたします!
今週もインジケーターFTGSバイナリーを使用して勝率が上がったというご報告も数々頂きました!
大変嬉しく思います。
これからもFTGSバイナリーと必勝!バイナリー攻略白書をよろしくお願い致します。
インジケーターのお問い合わせ、投資でのお悩みなどのご相談をいつでも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください!
ご興味を持った方はお気軽にご連絡をください!
バイナリーでの勝率が低い
バイナリーで勝ちたい!
バイナリーを初めてみたい!

そんな方はぜひ一度使ってみてください!
皆様が投資での勝ちが人生の勝ちへと繋がるようにこれからも支援をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
・投資でお悩みがある方
・FTGSバイナリーを使いたいという方
・BO専用インジケーターNEURAを使いたいという方
・投資の体質を作りたいという方

などなどご相談やお問い合わせは随時お待ちしております。
私もメールをしっかり読んで分かりやすく解説したりしようと努力をしておりますのでメールの返信が若干遅いですが絶対返信を致しますので送っていただいたら気長にお待ちください。

※yahooメールアドレスを記載してお送りいただいた方
私から送った返信が迷惑メールフォルダに入っている可能性がございます。
ご確認をしていただけたら幸いです。

よかったら応援の1クリックをポチッと!よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 


バイナリーオプションランキング